学部概要
Outline

学部長挨拶

学ぶ力を育み、創る力を鍛え、世界へ飛翔しよう

工学部は総合工学科1学科の下に,建築学コース,都市環境システムコース,デザインコース,機械工学コース,医工学コース,電気電子工学コース,物質科学コース,共生応用化学コース,情報工学コースの9コースを設置して,コース間の緊密な連携による学部共通教育と,それぞれの専門分野の根幹の教育を行っています。

工学は、物理学や化学などの自然科学や数学を基礎として、人類社会に役立つ様々な「もの」を資源や環境,経済性などの制約を考慮しながら創造してきました。これからの工学には“持続可能で真に豊かな社会を創造する”ことが期待されていると言えるでしょう。

工学は将来にわたり常に進歩を続けており,学生の皆さんが将来社会で活躍しつづけるためには,常に自ら必要な知識を吸収し,それを実践に活かすことができる「学ぶ力」が必要であり,そのためにはしっかりとした工学の基礎の修得が不可欠です。さらに,知識や能力を総合的に発揮し,専門分野の課題解決やものづくりに活かす「創る力」を鍛えることも必要です。特に,工学が解決すべき社会の要求が高度化,複雑化してきていることから,専門分野の垣根を超えた多くの人たちと連携するための能力も重要性を増しています。さらに,「世界へ飛翔」するためには,国内外の多様な文化・価値観,社会,自然,環境についての理解を基礎とした論理的な思考力と,自律した専門職業人としての倫理観や判断力が求められます。

工学部の総合工学科の下に9コースを置く教育体制により,しっかりとした専門的基礎と課題解決能力を身につけるためのコースでの専門教育と,俯瞰的で幅広い視野を育むための学部横断的な教育を統合的に提供することにより,将来にわたり活躍し続けることのできる多くの人材を育てたいと考えています。

千葉大学 工学部長
大学院工学研究院長
佐藤 之彦

▲ PAGE TOP