トピックス
Topics

  • Home
  • トピックス

塗布型有機薄膜太陽電池の高効率化技術の開発に成功
~低コストで環境にも優しい次世代太陽電池の実用化に一歩~

掲載日:2020/01/14

広島大学の尾坂格教授、斎藤慎彦助教、大阪大学の家裕隆教授、京都大学の大北英生教授、千葉大学の吉田弘幸教授、高輝度光科学研究センターの小金澤智之研究員らの共同研究チームは、フッ素原子を有する独自の半導体ポリマーを開発しました。この半導体ポリマーを塗布して作製した有機薄膜太陽電池(OPV)は出力電圧が高まり、エネルギー変換効率(太陽光エネルギーを電力に変換する効率)が向上することを発見しました。また、半導体ポリマーの化学構造におけるフッ素原子の位置が、半導体ポリマーの性質やOPVの特性にどのように影響を与えるかを解明しました。

詳細はこちらをご覧ください。

▲ PAGE TOP