トピックス
Topics

  • Home
  • トピックス

答えは「曲がったり、回転する分子を使っていた」から!?
有機半導体での高い電荷移動の機構解明
―次世代フレキシブル半導体デバイスの未来を拓く―

掲載日:2019/07/16

大阪大学大学院工学研究科の坂本一之教授(千葉大学グローバルプロミネント研究基幹特任教授兼任)、千葉大学大学院融合科学研究科博士後期課程の新田淳氏、イタリアIOM-CNRの藤井純博士、電力中央研究所材料科学研究所の小野新平博士らの国際研究グループは、有機半導体中での高い電荷移動度が有機分子のフレキシブル性に由来することを世界で初めて明らかにしました。電荷移動度は半導体デバイスの性能に直結するものであり、その機構の解明は高性能有機デバイスの構築に不可欠なものです。
詳細はこちらをご覧ください。

▲ PAGE TOP